2016年01月11日

今年も清潔な診療空間をつくります

ここ数年、清潔な治療空間、一段階上の滅菌・診療環境を作るために力を入れています。
本年もさらにそれをパワーアップさせていくために、
この連休は、消毒コーナーの改装と、ドイツMELAG社のウオッシャーディスインフェクター”メラサーム”を設置しました。

DSCN9398-01.jpg DSCN9421-01.jpg

ウォッシャーディスインフェクターとはわかりやすく言うと、
治療で使用する器具を洗浄・高熱消毒をする医療用の食洗器のようなものです。

国内でも他社のウォッシャーディスインフェクターは発売されていますが、
滅菌器具で世界的に定評のあるMELAGのウォッシャーディスインフェクターはこれから日本での本格販売となります。

今までのMELAG社製品使用のお付き合いもあり、
当院が国内ではメラサームの最初の導入医院の一つとなりました。
日本にメラサームが入ると言われた3年前より待ってました…
(日本は薬事の問題もあり、海外の医療用器具の販売には時間がかかります。)

MELAGはデザインがかっこいいことも、待ってでも購入したかった理由の一つです。


しばらく前にはMELAG社にも当院を紹介してもらっていました。
MELAG facebook
「いらっしゃいませ」はよくわかりませんが、
ドイツ人なのでご愛嬌ということで…


日本で販売されているMELAG社の
・クラスB滅菌器:バキュクレーブ31B+
・小器具用短時間滅菌器:メラクイック12+
・パック用シーラー:メラシール100+
・ウォッシャー:メラサーム10
DSCN9423-01.jpg

と全て揃えているのは、今のところ日本でも当院だけのようです。

滅菌・消毒に力を入れている歯科医院は増えてきているので、これからこうした医院も増えていくことでしょう。
それでも「初」というのは、ちょっとうれしいことです。




posted by 西船橋駅前歯科 at 23:30| 千葉 ☁| 器具・設備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

今年もよろしくお願いします

少し遅くなりましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

西船橋駅前歯科は1月4日で開院8周年となりました。

開業直後の段階の成長期という時期から一段踏み上げ、
医院の方向性やカラーも定まってきていい意味で成熟期に入ってきているのかなと思います。

最近では開業数年で閉院してしまう歯科医院も多いと聞くので、
無事にここまで来て安堵するとともに、来院していただいてる患者様数も増えているということで継続していく責任も感じます。

また、医療という仕事は「人」のもとに成り立ってます。
医療の質やサービスを高めようと思ってるうちに人にも恵まれ年々スタッフも増えてきました。

個人的にはこうして当院の考えについてきてくれてるスタッフのためにも医院を充実させ、働きやすい環境を作っていくことも課題です。

1512−01.jpg
写真は昨年末の法人の忘年会です。

今年もスタッフ一同皆様のお口の健康にお手伝いできるよう努めてまいります。

posted by 西船橋駅前歯科 at 23:50| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

遅い夏休み

すっかり秋めいてきて、先日の「中秋の名月」、
今ではスーパームーンという言葉の方が流行りなのでしょうか、
南東の空に見えたまん丸と輝く月は明るくきれいでしたね。

さて、個人的には夏休みを取らなかった分、先週のシルバーウィークには休みらしい休みをいただきました。
今年のシルバーウィークの日取りは10年に1回の連休パターンと聞きましたので、
何やら遠くへ行きたくなり、久々にシンガポールへと行ってきました。

現地では時間を見て、私が勤務医時代の後輩が勤める歯科医院に見学に行ってきました。

当然のことながら、日本でいう保険制度はなく、自費診療の競争社会のようです。
(その方がいいような気もしますが…)

その中で日本人歯科医師が頑張ってる姿は、目標が違えど、
刺激になりましたし、私は私で日本でがんばらなくてはと思いました。

それはそうと私が10数年前にマーライオンを見た時とマーライオンの場所が変わってました。

マーライオン
お決まりのポーズで撮ってみました。



ちょっとずれたか・・・





posted by 西船橋駅前歯科 at 00:49| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

インプラントの出張オペへ行きました

先日、大学の同級生の歯科医院にインプラントの出張オペに行ってきました。

インプラントを導入当時に、レクチャーがてらお手伝いに行かせてもらっていました。
最近はメールで相談にのるくらいで、オペそのものは必要もなくなり行ってませんでしが、
今回は上顎のケースで骨が薄く難しいケースで、久々にお手伝いによんでいただきました。

私もそうでしたが、インプラント導入時やステップごとには、
教えてくれる先生がいると助かるものです。

あまりかしこまったおえらい先生ですと聞くことすら気が引けることもありますし、
私みたいな間柄で手伝ってもらった方が、気軽に聞いたり、教えてくれていいみたいです。

手術自体は、難しいケースでしたが手術の約束事にしたがって行い、
結果的には問題もなく、時間もかからず終わりました。

DSCN7378-01.jpg

手術後はお互いの近況を報告したり、仕事の情報交換をしたり、
そちらの方も久々ということもあり有意義な時間を過ごしました。

自分の医院でオペをするときも常に集中して治療をしておりますが、
他人様の医院ですと、後のフォローも難しい分、その思いはより強くなります。
私にとっても他の医院さんに出向き仕事をさせてもらうことで、勉強になり自分自身の向上のためになりました。






posted by 西船橋駅前歯科 at 23:41| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

滅菌に力を入れると医療の質は本当に上がるのか

前回、滅菌のことを書いた最後に、
(滅菌の体制を整えた)質の高い医療体制は質の高い診療を生み出すと信じているとお話ししました。

滅菌は治療ではありませんので、滅菌そのものが直接治療レベルを上げることはありません。


でも、診療を行うスタッフの意識は変わります。

滅菌に限らず、医院として医療体制を整えるという意識や行動は、
診療の方もそれに見合った治療の質を提供しなければならないというスタッフの意識も育て、
それが治療の質の向上につながります。(多分・・・)

また誰しも自分が受けたくない治療を提供したり、自分が受けたくない診療体制の歯科医院に勤めたくはありません。
きちんとした医療体制を作ることでスタッフの定着もよくなります。(これも多分・・・)

予防を重視し、長期的なケアを行う歯科医院を目指すのであればスタッフの定着は大事なことです。

求職をしている歯科衛生士もまた労働環境や診療体制が整った歯科医院を選ぶ傾向にあります。
当たり前ですよね。

歯科衛生士は開業歯科医院数より少なく、歯科医院1軒に0.6人の計算とも言われています。
その一方で予防や質の高い診療を行うには歯科衛生士の雇用は必須です。
(当院には歯科衛生士が上の平均人数の10倍以上在籍しています。歯科衛生士は一部の歯科医院に集中する傾向があります。)

高コストな診療体制になっても歯科衛生士の雇用、定着を考えれば必要経費といえるのではないでしょうか。
(コスト比較をしたわけではないので自分を言い聞かせるためでもありますが・・・)


患者様の視点から見ても不潔な歯科医院よりは清潔な歯科医院に行きたいのは当然として、
滅菌などの診療体制への意識の高い方ほど、治療そのものも長く持つもので治したい、きれいに治したいといった意識も高いものです。

そして私たちはそれに応えられるように努力もしていかなければならない。

そうした循環もまた質の高い医療につながるのではないかなと漠然と考えています。




posted by 西船橋駅前歯科 at 23:58| 千葉 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。