2012年02月22日

虫歯をつくらないために親ができること

前回のむしば菌に対する予防処置の方法で、追加で大事なことをひとつ

前回のブラッシングやキシリトールは日々の予防ですね。
もう少し大きな目線でというか、大人の場合はいまさら無理なのですが、
歯がある方なら口の中には必ずいる虫歯菌を、
少なくしておくということが一生というスタンスで考えた場合の最大の予防方法となります。

人は生まれてきたときには虫歯菌はいません。

では、どのようにして虫歯菌が口の中に入ってくるのか。
それは、親からの口移しなどによる感染が大きいと言われています。
現在ですと、祖父母世代から入ってくることも多いようですね。

歯のない方には虫歯菌は住みつくことはできないので、
歯が生える6〜7ヶ月くらいまではパパがお子様にキスしても大丈夫です。
歯が生え始めたらやめさせましょう(笑)

仮に感染する場合でも親がキシリトールなどによって、親の虫歯菌をむし歯にしにくい虫歯菌に変えておくことによって、
子供の虫歯菌のタイプを虫歯にしにくいタイプにすることもできるようです。

概ね、2歳くらいまでにこうした細菌感染のリスクを減らしておけると、
その子の将来における虫歯菌の数も減らせることが分かっています。

親が子のむし歯予防に頑張ってあげられれば、
一生のむし歯予防つくりという大きなプレゼントになることと思います。



posted by 西船橋駅前歯科 at 23:00| 千葉 ☀| むし歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

では、どうすれば虫歯を予防できるのか

前回の続きです。

前回は、虫歯の予防のためには虫歯ができる3要素があることをご説明しました。

1.細菌(むしば菌)
2.歯(歯の質)
3.糖分

そして、これらの一つでも完全に断ち切ることで虫歯を予防することができるとお話ししました。

実際には、完全には無理なので、これらをそれぞれの要素に対し、
組み合わせてリスクを減らしていくことが現実的な虫歯予防となります。

今日は、1.細菌に対する予防についてです。

最も効果的かつ大切なことは歯ブラシ(ブラッシング)です。
当たり前のことすぎますが、これがやはり大事。

でも、歯ブラシだけでは、70%程度の汚れしかとれないと言われています。
補助的には歯間ブラシやフロスなどを使用できればベターです。

ここまでは患者さんのいわゆるセルフケアの部分です。

そのセルフケアをきちんと行っていただくために、
正しい歯磨きの仕方をご説明したり、チェックさせていただくのは、
私たち、とくに歯科衛生士の仕事です。

そしてセルフケアだけでは取りきれない汚れ、細菌をとることも
私たちの仕事、プロフェッショナルケアです。


キシリトールを使っていただくのも細菌に対する予防対策のひとつです。

キシリトールの効果は、
細菌(虫歯菌)を弱らせ酸を出さなくさせることにあります。

キシリトールガムは決して砂糖の入ってない単なるシュガーレスガムではなくて、
虫歯予防に貢献するガムなんですよ。

効果的な摂取の仕方などもありますので、詳しくは当院の歯科衛生士にご相談くださいね。


次は、歯の質に関する予防についてですね。






posted by 西船橋駅前歯科 at 00:28| 千葉 ☀| むし歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

院内勉強会

前回は院外での私が参加した勉強会の話をしましたが、昨日の診療後は院内の勉強会の日でした。
今回のテーマは虫歯予防で、歯科衛生士が中心となって発表をしました。

テーマが大きすぎるのでテーマを絞って話をすすめていきましたが、
内容が患者様向けにも大事なことですので、
私からもこのブログの中で少しこの虫歯予防に触れてみたいと思います。


まずは、虫歯の予防のためには虫歯ができる3要素をご説明します。

1.細菌(むしば菌)
2.歯(歯の質)
3.糖分

これに4.時間という要素を加えることで虫歯が起きるとされています。
これらの一つでも断ち切ることで虫歯を予防することができます。

極端に言えば、

1.虫歯菌がゼロならば虫歯にはなりません。(常在菌なので無理です。)
2.歯がなければ虫歯になりません。(本末転倒です。)
3.糖分の入ってる食物を食べなければ虫歯になりません。(食の楽しみがなくなります。)

したがって、こうしたことを勧めることは不可能であり、臨床的ではありません。

予防とは、いかにこれらのリスクを組み合わせて下げていき、
できるだけ虫歯をつくらない生活を過ごしていただくかということとなります。

それでも、歯周病は全身疾患や体質との兼ね合いがあり、
お口の問題だけでは予防しにくいということと比べると、
虫歯は、上記のように原因がはっきりしているので、予防をしやすい病気となります。

虫歯はゼロにできます。

テーマが大きいので、続きは次回へ。

posted by 西船橋駅前歯科 at 00:12| 千葉 🌁| むし歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

熱海へ研修旅行に行きました

昨日、今日の連休を利用して勤務医の時の元同僚と行っている勉強会仲間で熱海旅行に行ってきました。

旅行と言っても一応研修旅行なので、
熱海で開業している後輩の歯科医院で、勉強会をして、
夜はホテルで宴会、温泉。
2日目の今日は市内観光をして、寿司食べて帰ってきました。

今日は暖かかったので観光日和でした。

いつもの勉強会は診療後に行っているので、時間も限られており、2人ずつ発表をしてるのですが、
今回は休日で時間があるので、全員発表です。
インプラント、矯正、小児歯科、審美歯科など、
それぞれのテーマで発表をしたり、症例相談をしたりしていきます。

DSCN0432-1.jpg DSCN0419-1.jpg 

赤い服は今回、幹事をしてくれた石田先生。
熱海で歯医者さんなら石田歯科医院をよろしくお願いします。
HPもあります。
熱海の石田歯科医院のHP

歯科医院は一人で開業している先生が多いので、
こうした会で症例を相談したりすることができる機会があることはいいことですね。

宴会では堅苦しくなく話し合ったり、相談しあったりしたのですが、
技術的な話とは違うことをゆっくり語り合うことも楽しいひと時でした。

DSCN0465-1.jpg DSCN0449-1.jpg 

ちなみに「俺勉」とは勉強会の名称で、「俺たちの勉強会」の略です。
派生ユニットには、「俺フット」(俺たちのフットサル)があります。

勉強会を行い始めたころは開業している歯科医師は私だけだったのですが、
いつの間にか、開業していく後輩たちも増えてきて、
次回は九州で開業した先生のところへ研修会旅行ができるといいねと話してきました。


それにしても熱海は東京から新幹線で1時間、とっても近いですね。



posted by 西船橋駅前歯科 at 00:30| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

緊張する患者様?

今日はお付き合いのあるインプラントメーカーの社員さんのお母様のインプラント治療が終わりました。

正確にはインプラント治療に終わりという概念はなく、
インプラントのかぶせものが入ったその日から、メンテナンスに入ります。

そこからがインプラントを長持ちさせるためにはインプラントを入れることと同じくらい大事なことです。

今日は終了後の記録の写真をとって、メンテの仕方のご説明をしました。
終了というよりは一段落であり、メンテナンスの開始です。

その社員さんにとってみてもインプラントって実際には痛みとかどうなのってお母様に聞いたり、
毎日厳しい眼でみられていたのではないでしょうか。
いつも私が行っている基準で行えば、きちんと成功すると私も社員さんもわかってはいるのですが、
診断から手術、かぶせのセットまでそれなりにお互い気になりますよね。

でも、その患者様にはいいのかよくわかりませんが、特別な治療をしたわけでもなく
本当にいつもどおりやってるだけです。

「自分が受けたい治療を行う」
こうして日頃から治療を行っていけば間違いないと思っています。




posted by 西船橋駅前歯科 at 00:31| 千葉 ☔| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

先日の面接で言われたこと

春も近いということで、求職者の方の問い合わせが増えてきています。

稲毛も合わせると歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手と、
今週は毎日応募の電話がかかってきています。
先日稲毛で面接させていただいた方には、理事長先生のブログを見て、
考えに共感できたので、応募しましたと言われ、ありがたい気持ちになりました。

医療職を目指すような方々ですから気持ちもやさしく良い方も多いのですが、
全員を採用するわけにもいきませんので、なかでも診療理念を共有できそうな方を採用する方針としています。
HPやブログを見るなどして、ある程度考え方、働き方をイメージして来ていただけることは、
間違いがないですし、やはりうれしいことです。

私は歯科を医療サービス業と考えるならば「人」が一番大事だと考えています。
またトップに求められることの一つに「判断」ということがあると思っています。

そういう意味では、人事のスタートである面接・採用は大切なトップの仕事だと考えています。
医院の規模が大きくなるにつれ、仕事を任せていかなくてはならないとわかってはいるのですが、
面接・採用の判断だけは理事長の私が最終的な責任をもって行うようにしています。

そして採用したからには長く勤めていただき、仕事にやりがいを持っていただけるよう、
よい職場づくりに努め、特に経験の浅い方には教育ということに力を入れていきたいと考えています。

posted by 西船橋駅前歯科 at 01:01| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。