2012年10月22日

ご紹介患者様同士は似てる?

先日、ラミネートベニヤを行った患者様のご紹介で新規の患者様がお見えになりました。
(ありがとうございます!)

最近の新患の方はご紹介の患者様の比率が多い傾向にあります。
開業してそろそろ6年ですから、成熟した医院になりつつある表れなのだと感じています。

ご紹介の患者様の場合には、治療であれ、スタッフの対応であれ、個室といったハード面であれ、
診療を受けてみての良かったところをもとにご紹介いただくことが多いようです。

ご紹介患者様の場合、そういったポイントの部分の期待に添えるよう努めるようにしています。

今回のベニヤの患者様の場合、治療面では、
当院の審美歯科治療の特徴であるセラミック専門の歯科技工士と立会いをしながら、
色や形を合わせていき、自然な歯の状態にするという専門性の高さがポイントとなったようです。
(当院の強みの部分です。)

ちなみに、今回の場合はお互いはお友達でしたが、
主訴については全く反対のものでした。

ご紹介してくださった方は前歯の隙間が気になるというのが主訴でしたが、
ご紹介いただいた患者様は反対に前歯が重なっていることを主訴にお見えになりました。

こうした前歯の審美歯科に関する主訴の時は、矯正、ダイレクトボンディング、かぶせものなど、
審美治療に関するいくつかの治療方法を利点・欠点、時間や費用を説明しながらご提案していきます。

私にとっての歯科治療の難しさであり楽しさと言うことになるのかもしれませんが、
人は千差万別ですので、同じ状態でも提案することや治療の内容も千差万別となります。

前歯であれば、歯の形や、もともとの虫歯や詰め物の大きさ、咬みあわせ、年齢や歯周病の状態など、
それぞれの個人差もあり、
そして患者様がどこまで治療過程や結果を追及するのか価値観も違うので、
これが一番の治療法という決まりはありません。

患者様向けのパンフレットやネットに出ているような治療法の単純な利点・欠点だけでなく、
そこに個人差が入り込んでくることでそれぞれの利点・欠点は大きく変わってくるのです。

それを診断したり治療法を考えたりする時が、私が歯科治療で好きな時間の一つです。

前者の患者様はラミネートベニヤを選択されました。

後者の患者様は矯正治療となりそうです。

治療法は違うものになりますが、ご紹介の期待に沿えるよう頑張っていきたいと思います。



posted by 西船橋駅前歯科 at 23:27| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。