2013年02月05日

歯科技工士の活躍する歯科医院です

新しい年を迎えたと思ったら、もう2月になりました。
明日は雪みたいですね。船橋は降るでしょうかね。

週末はメーカーさん主催のセミナーに参加して、新しい機械の説明などを受けてきました。
セレックの話も少しあったのですが、
セレックというのは、歯科医院で白い歯をつくる歯科技工士いらずの機械です。
技工料がかからないということで、歯科医師には人気があるのですが、
歯科医師はよくわかっていることですが、上手な歯科技工士が作る技工物にはかないません。

西船橋駅前歯科では、院内にセラミック担当の歯科技工士さんがいますので、
今のところセレックなどを導入していません。
画一的な機械がつくる既製品の白い歯では、
とても勝ちようのない人の力による自然な歯、白い歯を作り出してくれます。

例えば、今日の歯科技工士の仕事ぶりの一部をご紹介すると、
オールセラミックブリッジの型取りに時間をとって立会い、
周りの歯の色調をチェックしたり、患者様の色、形の希望などをうかがったりしながらすすめていきました。

前歯部を中心として、セラミックの型取りの時は基本的に歯科技工士が立ち合います。
これは当院の強みで、普通の歯科医院ではまずできない診療の進め方です。

午前中にはオールセラミックのセットもあり、セット時にも歯科技工士が立ち合いましたが、
患者様はそうでもないようでも、歯科医師と歯科技工士としては、若干の白さが気になる感じでした。
お口の中で確認して、併設の技工所で修正し、満足の行く状態で午後に装着させていただきました。


作り手も一種の芸術家です。
自分の作った作品(歯)を、世に出す(患者様の口に装着する)ということには魂があり、
自分の手を離れてもなお作品(歯)への愛情というものが残ります。
購入者(患者様)はあまり気になってない場合であっても、
矜持の問題かもしれませんが、芸術作品(歯)を満足いく形で引き渡すことが大切です。


身内が言うのもなんですが、上手な技工士が身近にいて、安心できることが第一のメリットですが、
このように迅速な修正が出来たり、患者様とコミュニケーションが取れることも院内技工のメリットです。

今日は、他にも歯科医師との打ち合わせや
これから型取りをしていく患者様のお口の状態の確認などをしたりと院内での仕事をしてました。

もちろん、「歯をつくる」という技工所での本来の仕事もあります。
歯科技工士にとっても患者様と直接向き合いながら仕事ができることはやりがいがあるようです。






posted by 西船橋駅前歯科 at 23:45| 千葉 | 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。