2013年06月23日

CTのセミナーに参加してきました

今日は、当院で使用しているCTを利用しているユーザー向けのセミナーに参加してきました。

以前も同様のセミナーに参加しており、その時はインプラント診断のためにCTを使用する話が多かったのですが、
今日のセミナーでは歯内療法でのCTの活用の話が多かったように感じました。
歯を残すためのCTの活用としてはいい傾向ではないでしょうか。

さすがに現在ではインプラントをそこそこ行ってる歯科医院さんではCTを導入しているようですが、
当院が導入した5年前には普及率1%未満という状況でした。
最近では開院当初からCTを備える歯科医院さんも増えてきて、約4%ぐらいの普及率になってきているようです。

普及率が増えている理由としては、
機械そのものが従来のレントゲン室に入るような小さなサイズになったこと、
(当院はこのタイミングの最初に導入しました。)
そして、2年前よりCT診断が保険導入されたことの二つのようです。

インプラント治療はもちろん、
埋まっている親知らずの抜歯や難しい神経の治療などでは、保険治療でCT撮影が可能です。
立体的な歯や骨の状態がわかることで、(CTがないより)治療の質は格段に上がります。

全ての治療でCTが必要なわけではありませんし、
CTは診断の器具であり、治療そのものではありませんが、
言うなれば素手と鉄砲で戦うようなものです。

顎関節症でのCT診断の話も聞けましたし、改めていい話が聞けました。
明日の診療から役にたつこととなると思います。


posted by 西船橋駅前歯科 at 23:45| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。