2013年06月28日

ドイツ人が診療所に来る

昨日、西船橋駅前歯科で導入しているドイツの滅菌器のメーカー(MELAG社)のお偉いさん(ドイツ人)が当院に見学に来ました。
DSCN3175-01.jpg

日本の歯科医院の滅菌・消毒の現状を見てみたいということで、快く受け入れをしましたが、
ヨーロッパの歯科医院の実際の滅菌のレベルがどのようなものかわからないので、
どのように感想をもち、日本の現状を見てどう思われるのかちょっと心配もありました。

とりあえずクラスBの滅菌器を入れているだけでも日本では少ないので、
彼の心の中に残る歯科医院であればいいなと思い見学を受け入れました。

結果としては、私なりに、去年の改装時の一つのポイントとして、
廃棄、洗浄、消毒、滅菌、管理に至る動線を作っていて、
その流れや滅菌の業務を見て、結構それに喜んでくれていましたので、
日本の歯科医院を見学される立場としてはよかったのではないかなと思っています。

DSCN3178-01.jpg

あと、英語はよく聞き取れなかったのですが、
(リップサービスかもしれませんが)スタッフのこともほめてくれてた気もしますので、
来てもらって悪い気はしなかったのかなと…

日本では滅菌・消毒という概念に基準というものが全くなく、
各々歯科医師の良識に任されているのですが、
海外では滅菌にこと細かい基準があり、その日の滅菌について記録をする義務もあります。

そうした規制もないことからか、日本ではまだマーケットが小さいので、
世界的基準のクラスBの滅菌器は日本のメーカーでは生産されていません。
日本のメーカーが作ってないということは、
クラスBで滅菌をしている歯科医院は今のところは少数なのが現状です。

歯科医院における本質である治療の技術もそうですが、
できるだけグローバルな視野を持ち、
やらなくてはいけないから導入するという視点でなく、いいと思われるものは導入し、
患者様の利益になる部分を考え、力を入れていきたいと考えています。

ちなみにドイツ人の彼は今週末に歯科医院の滅菌管理について講演もされるので、
当院における今後の滅菌や清潔な歯科医院づくりのため、講演を聞きに行ってきます。





posted by 西船橋駅前歯科 at 23:57| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。