2008年06月13日

部分矯正を行うとき

同じ歯並びを治したいという患者様のご相談でも、
そのご希望の段階はさまざまです。

全体的な矯正治療が必要なケースの方もいらっしゃいますが、
部分的な矯正治療(MTM)で、
十分にご希望をかなえることが可能な方もいらっしゃいます。

例えば、前歯の隙間を治したいというケースはよくある部分矯正の一つです。
前歯が2ミリ程度隙間があるくらいであれば、3、4ヶ月で閉じることもできます。
このように、部分的な矯正治療は、
違和感も少なく、時間も短く、費用も少なくできることがメリットです。

また、矯正治療とは治療法が異なりますが、2ミリ程度であれば、
矯正治療をせず、隙間の部分の両サイドの歯に1ミリずつ、
歯の色と変わらないセラミックタイプのつめものを接着させることにより、
一日の治療で、きれいに隙間を埋めることも出来ます。

どちらがいいかは、隙間の幅や歯の形態、咬み合わせなどによりますが、
矯正治療もあくまで、歯科治療の一部と考え、
いくつかの選択肢をもち、ご説明・治療することが、
一般歯科における西船橋駅前歯科の治療方針です。

反対に、歯周病などの全体的な治療を行う際に、必要に応じて、
治療のために矯正治療を組み込むことをお勧めすることもあります。

治療計画時には患者様の期待するゴールをイメージし、
それに合わせた治療法をご提案・ご相談するようにしています。




posted by 西船橋駅前歯科 at 23:22| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
が、頑張れー☆超頑張れー☆

全力で物陰から応援しています。

また、コメント書き込みにきま〜す♪♪
Posted by ★ことみ★ at 2008年06月17日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。