2009年03月03日

定期健診の効果

今日は、定期健診の効果についてです。

統計的には定期健診に訪れている方の歯の喪失本数は、
そうでない方の歯の喪失本数より、低いというデータがあります。
これは歯科関係者なら誰もが知っているデータであり、その表をもとに定期健診をすすめたりしています。

実際には、定期健診に訪れる方は、普段から歯やお口の健康に関心のある方で、
定期健診を含めた日常的なお口の健康管理が歯の喪失本数の結果に結びついていると言うのが真実だと思います。
ただ、そうした歯科やお口の健康に関して、患者様の意識を高めていくことも、
私達、歯科医師の役割や健診の必要性だと思います。

悪いところを治す治療は歯科医の役割として半分。
治したところを再び悪くさせないことが役割の半分だと考え、予防診療に当たっています。

いったん治療が終了すると、油断してしまう方も多い、と感じますが、
とくに長く治療期間がかかるような方こそ、そこまで悪くなるような、
もともとの体質(歯の質)や素因があるわけですので、
きちんと治しても、メインテナンスを怠れば、また悪くなるリスクが高いようです。

10年に一回の大がかりな治療の繰り返しをしていると最終的には歯を失ってしまう結果となってしまいます。

そうならないためにも耐久性や機能性のある健康を考えた正しい治療を行い、
それを維持していくメインテナンスをお勧めしたいと思います。






ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:03| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 予防歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。