2009年12月11日

できるだけ歯を削らない充填治療・接着技術

前回まで、虫歯における「早期発見・早期予防歯科」についてお話しました。

では、残念ながら削らなくてはいけない虫歯になってしまった場合に、
「歯を削る」際に、西船橋駅前歯科で気をつけていることについてお話します。

第一は、必要以上に歯を削らないことです。

なぜならば、どんな材質の詰め物よりも自分の歯は優れた材料(組織)だからです。

虫歯菌に感染した部分だけを削る、
単純なことのようですが、これは意外と難しいことです。

歯の表層だけの虫歯はこれに近い治療ができますが、
歯と歯の間などは虫歯の部分に到達するために健康な部分を削らずに治療をすることは、
不可能に近いのです。

歯と歯の間の虫歯は一昔前は「インレー」と言って、
型をとって、詰め物を作って、セメントで歯につけるという術式で治療をしていました。
型をとってはめるタイプの詰め物は必ず削る形が大きくなります。

西船橋駅前歯科では、できるだけ「充填」といって接着の技術を応用した治療を多用しています。
これは、できるだけ虫歯の部分だけを削り、レジンと言われる詰め物を接着で歯につける術式です。
接着の技術の進歩が、削らない治療を実現させているのです。

治療回数も型をとって、つめものを作って入れるという行程より、
接着の場合には、削ってその日につめることができるので、短期間の治療につながります。
(虫歯の大きさによっては1回で終わらないこともあります。)

つめものの色も、インレーは保険適応のものは銀歯ですが、
充填(樹脂:コンポジットレジン)は、保険治療でも白い材質ですので、歯の色と調和します。
ただ、樹脂は変色をしますので、よりきれいに治したい場合には、
ハイブリッドセラミックスという自然の歯の色に近く、
かつ時間がたっても色の変色の少ない材料を使っています。

ハイブリッドセラミックスで治せば自分の歯とかなり近い色で治せ、
審美的にも、強度的にも満足していただけると思います。

接着はセメントを介在させないので、取れたり、再度虫歯になったりと言うリスクも少なくなります。
どうしてリスクが下がるかは、いずれ接着の話をするときに詳しくお話します。

ただし、全ての治療が充填・接着で治せるわけでもありません。
虫歯の範囲が広かったり、奥歯の方などは、充填では強度的に難しいのでインレー治療が多くなります。
全ての治療は、ケースバイケース、個人差があるということです。

仮に型取りをする治療でも、必要以上に歯を削らないと言う基本方針は変わりません。

歯を削ると言う処置は、もとにもどせない処置です。
元に戻せない処置をする前には、虫歯の状態や治療のメリット、デメリットをご説明し、
それから治療に入るようにしています。



ラベル:歯科 船橋 歯医者
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:20| 千葉 ☔| むし歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。