2010年11月19日

CRのセミナーに参加しました。

昨日は診療を少し早くあがって、都内までセミナーに。
内容はCRという白い詰め物の講義と実習です。

最近ではコンポジットレジンと言われる白いつめものは強度も強くなり、
また、ものによっては色調もきれいになってきています。

保険でも行われる単純な治療なのですが、単純な中に奥の深さもあり、
保険治療であってもこういった治療にどこまで手をかけるかということに歯科医院としての力量が問われます。

その先生は専門ということもあり、大きな詰め物もできるだけCRで対応するそうです。
ただし多くは自費で、人数も見切れないので新患は受け付けてないそうです。
一つを極めるとこうなるのですね。

実習では、3つの特徴的なケースをとりあげ、デモ形式で行いました。
夜のセミナーということで、時間が限られていましたので、早業でこなしていました。

西船橋駅前歯科でもできるだけ削らない治療をこころがけており、
できるだけ直接充填(白いつめもの)で行うようにしています。

小さな虫歯は保険でも対応できます。
(状態により、よりきれいで、強度のある保険適応外の材料をお勧めする場合もあります。)

ただし、奥歯で隣の歯に広がっているケースは、CRによる直接充填は難しくなります。
型取りの方が正確に治療ができ、長い目で見て長持ちをする治療になります。

その場合も、できるだけ自分の歯に近いようにきれいに治したいということと、
接着という技術で一つの治療を長持ちをさせるという考えで、
ハイブリッドセラミックインレーなどをお勧めしています。

西船橋駅前歯科ではきれいに治すこと、歯を長持ちさせることに力を入れています。
できるだけ歯を削らず、きれいにきちんと治したいという方はお気軽にご相談をどうぞ。



ラベル:審美歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:35| 千葉 ☁| 審美歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。