2011年06月27日

勉強会に参加

先週末は勤務医時代の先生たちとの勉強会へ。

持ち回りで発表をしていますが、今回は私の番でした。
先月に歯科技工所を作ったこともあり、
最近はオールセラミックのe.maxの勉強を結構しているので、
e.maxの特徴やジルコニアとの使い分けなどを発表してきました。

e.maxは二ケイ酸リチウムガラスセラミックという素材の審美歯科治療で使われるセラミックで、
非常に硬い材料です。
色もたくさんの種類があります。

その高い強度で、ラミネートベニヤでは最小0.3ミリの削合でよいということです。
インレーのイスムス部やアンレー形態の咬頭部も1ミリのクリアランスでいいということとなれば、
現在の歯科治療のキーワードでもあるMI(最小限の侵襲)にも貢献できるかもしれません。

飲み会でも技工所を作ったことに、みなさん関心があるみたいで、色々質問も受けました。
事務的な面などで仕事も増えますが、反面違う世界の楽しさや仕事の質が高くなるやりがいもあります。

誰にでも勧めるわけではありませんが、
審美歯科やインプラントを強みにするような歯科医院では、
技工所を併設するようなところも今後増えてくるのではないかと思っています。













ラベル:歯科 e.max
posted by 西船橋駅前歯科 at 01:45| 千葉 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。