2007年01月18日

医院づくりの細かいこだわり

医院のデザインのこだわりの細かい部分をいくつか…

まず、診療室内の個室診療台の配置ですが横並びは面白くないし、
個室にしても横並びで狭いと結構、声が聞こえるので、
それぞれの個室は広々と診療台の位置はかなり離してつくっています。

また、昨日は全体の色調の話をしましたが、
もちろん細かい部分の色使いにもこだわっています。

例えば、壁の色。
各個室、イメージ、用途に応じて診療台の色、壁の色を微妙に変えています。
基本的には暖色系、自然色系で、患者様のくつろぎ感を意識しています。
細かい説明は文章では難しいので、興味のある方は患者様として来てください(笑)

新規開業などで、デザインの相談したい方がたまたまここにひっかかったら、
ブログを見たと言っていただいただいて、遠慮なく相談してください。
下手なコンサルよりは、おそらく役に立てるかと思います。

さて、他のこだわりですが、
例えば、各個室など、ドアの全ては引き戸にしています。

これは場所を広く使いたいという思いが一番ですが、デザイン的にもスマートになります。
さらに、ドアは吊り戸にすることにより、引き戸の床のレールは無くして、段差のない診療室を作っています。

患者様にとってのストレスフリーということが一番の目的ですが、
働くスタッフにとっても、レールの段差があると、車輪のついた器具の移動が意外とストレスになっているのです。
患者様にはちょっとわかりにくいかもしれませんが、
歯科従事者には、よくわかっていただける話と思います。
あとはレールにごみがたまらないので、スタッフは掃除が楽かな。

まずは患者様がくつろぎやすい空間を作るということが第一ですが、
次にいかにスタッフが働きやすい空間を作れるかということを診療室づくりに際して考えました。

診療が始まって2週間、
空間的には今のところ、いい感じで使わせていただいてます。

ハードだけでなく、スタッフも最高にいいスタッフがそろって、今のところは感謝の毎日の私です。






ラベル:歯科 開業 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医院案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。