2007年01月24日

歯の裏(表も)の着色を取ろう!

昨日は口腔内カメラについて設備紹介の話をしました。
一番、感動してくれるのは、ふだん見ることのない歯の裏ですね。

こんなに汚いのか〜って感じです。

で、この汚れをとるにはどうするか、
設備の話を続けていますので、
具体的に設備はどういったものかというお話です。

クリーニングとしての歯石をとったりする歯周病治療の話は、
いずれ時間をかけてしていこうかと思いますので、
今日は単純にヤニや茶しぶをとるために、
どういう設備をとりいれているかという話をしていこうと思います。

設備としてエアフローという器械を導入しています。
これは重曹のような粉末を強圧のエアーで吹き付けて、
着色をとる器械です。

レモンの香りがしてちょっといい気分で約30分の施術です。
エアフロー後にはすっきりあなた自身の本来の白い歯がよみがえってきます、
というわけです。

歯の表面が汚れていると、歯周病の原因となるプラークなども、
つきやすくなるので、見た目の問題だけではなく、
歯周病予防にも効果があるのです。

ご興味のある方は西船橋駅前歯科までお気軽にお問い合わせをどうぞ。


ラベル:歯科 船橋 開業
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:32| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医院案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。