2007年03月08日

私は俊輔になりたいかナカタになりたいか

俊輔、残念でしたね。
チャンピオンズリーグのセルティック敗戦のことです。
院長はサッカー好きですので、サッカーがらみで話題を。

結局、セルティックが負けたのは俊輔の個人の力ではなく、
チームの総合力の結果ですよね。
サッカーは一人で行うものではなく、チームで行うものです。
ミランのチーム力が上だっただけです。

歯科医院も目立つのは、歯科医師である先生ですが、
歯科治療は先生一人で行えるものでなく、
スタッフを含めたチーム力で行うものだと思っています。

なんでもサッカーにこじつけて申し訳ありませんが、
全員が得点力の高いフォワード11人のチームでサッカーをしても、
キーパーがいなければおそらく勝てないように、
仮に優秀なドクターばかりがいても、
それを支える衛生士やアシスタント、受付、技工士、業者がいなければ、
歯科医院(チーム)にならないわけです。

ただ、サッカーでもキャプテンがいてキャプテンシー(精神)が
チームの力を幾倍にも引き上げるように、
チーム医療にもスタッフがそろいさえすればいいというものではなく、
チームを引っ張るキャプテンシーが必要になるわけです。

サッカーにおいてはその適性をみてキャプテンが決まるわけですが、
歯科医院においては役割的に、歯科医師がキャプテンにならざるを得ません。
チームで一番うまいからといってキャプテンになるわけでもないサッカーとはそこが違いですかね。
つまりキャプテンに向いてないドクターが開業したら
本人もスタッフも不運としか言いようがないわけです。

まず、どのようなコンセプトのチーム(医院)を目指すか、
スタッフの力をみてどのようにチームを作るか、
どのようなポジションで個人として、チームとして動いてもらうか、
キャプテンとしての自分はどう動くか、チームをまとめるか、
そして、長い目でのチーム作りと、
瞬間瞬間の判断力、いやぁキャプテンは大変だ。


たまには、時事ネタを書こうと思ったら、全然違う話になってしまいました。
ま、いいですよね。










ラベル:歯科 船橋 開業
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:42| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。