2007年04月10日

歯科グッズ人気ベスト10 第8位

昨日は待合室のことを書かせていただきましたが、
医院をつくるまでは院長の仕事ですが、待合室や受付周りをきれいに保ったり、
ディスプレイをすることは受付をはじめとしたスタッフのセンスに任せています。

HPにのせている受付の写真は開業時のものですので、何も置いていないすっきりした感じですが、
今は歯科グッズやパンフレットをあれこれと置いたりしています。
受付担当の気持ちとしては患者様へのご案内として、良いものは色々と置きたいとのことですが、
置くスペースが限られていることが悩みのようです。
それでも、厳選をして歯科グッズを置き、関心を持ってもらえるようポップアップや手書きの説明などに努力しているようです。

さて、本日は西船橋駅前歯科の歯科グッズ人気第8位です。
第8位の歯科グッズはそんな受付セレクトの厳選からは外れていて、受付のディスプレイで見ることはありません(涙)
全ての患者様に必要なグッズではないからです。
メンテナンス時に必要と考えられる患者様に限って、使い方のご説明をさせていただいて、ご希望があればお求めをいただいています。

その名も「スーパーフロス」です。
スーパーなフロスですから何がスーパーなんだろうというネーミングですが、とりあえずは長いです。
もちろん長いからスーパーなわけではありません。
フロスが3種類の形状をした1本の糸でできていて3種類の役割があります。

言葉で使用法を説明するのはちょっと難しいのですが、一応説明を。
普通のフロスはいわゆる糸状で歯と歯の間を上から押し込むようにして使います。
ところが、ブリッジやインプラントの連結部などは上から押し込むことができません。
スーパーフロスは、片方の端の糸部分が固くなった形状でブリッジの隙間などに直接入れられるようになっています。
ここが通常のフロスの使い方と180度違う使い方で、意味がある部分です。

これで歯間に入れた後は、ちょっと太目の網状の部分で全体的に清掃をします。
そして最後に通常の糸状の部分で細かい部分を清掃します。
これを1本のフロスで行うのです。

文字だけの説明で、理解することはきっと難しいと思います。
ただ、西船橋駅前歯科では必要と思われる患者様には歯科衛生士が丁寧に説明をいたしますので、使い方に困ることはないはずです。

歯科医院で販売しているものは私達が責任を持って販売しているものです。
正しい器具の選択や使い方を説明することが私達の役目です。

他にも受付周りに置いていない隠された歯科グッズがいくつかあります。
ご自宅でのケアにこんなものはないのかな、とかございましたら遠慮なく受付や担当衛生士に聞いてくださいね。


ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。