2014年12月23日

ブローネマルク先生ご逝去

歯科インプラントの開発者であるブローネマルク先生がお亡くなりになられました。

141220Branemark.jpg

ブローネマルク先生は、歯科とは別の実験から骨とチタンの結合(オッセオインテグレーション)を発見し、
それを人に活用できないかと考え、
(彼は整形外科医ですが)歯を失った方に有効な歯科インプラントを開発した先生です。

歯科にとっては、電球を発明したエジソンや電話を発明したベルのような存在です。
唯一無二、歯科医師なら誰もが認める存在です。

また、実際の生身の人間に使用するには研究に10年以上の月日をかけ、
それが確実となってから第一号の患者様に治療を行ったり、
インプラントそのものに特許をとらず、広く歯科インプラント自体の発展を促したのも
ブローネマルク先生が歯科業界、多くの歯科医師から尊敬される所以です。

私自身もブローネマルクインプラントのノーベルバイオケア社のインプラントを使用する理由の一つには、
こうした彼の人間性に起因するところもあります。
(ノーベルバイオケア社のインプラントそのものの優位性はここでは置いておかせてください)


ブローネマルク先生のご冥福をお祈りするとともに、
彼が語っていた「正しいインプラント治療」を心がけ、
インプラント治療を、人の役に立つものとして臨床に生かすよう取り組んでいきたいと思います。










posted by 西船橋駅前歯科 at 01:26| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。