2007年10月14日

こどもの矯正歯科治療の時期

今日は矯正歯科のセミナーに参加です。
主に、小児の時期の矯正治療の内容についてでした。

この時期の矯正治療は技術的なことも大切ですが、
早めの矯正治療がいいのか、永久歯が生えそろってからの矯正治療がいいのかといったような、
診査や診断なども鍵になってきます。

全ての歯科治療に共通することですが、何でも早めの治療がいいわけでもなく、
早期治療に意味があるときだけ治療に介入するべきだと思います。
経過観察をという概念も重要なのですね。

矯正治療のご相談はお気軽にご相談くださいね。





ラベル:歯科
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。