2007年10月22日

審美歯科で口元を自然に、より美しく

きれいな歯や口元にしたい。
審美歯科というと、何やら雑誌の後ろに載っていて、
人知れず行なわなくてはいけない治療かと思われてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、
お口の治療を考える時に、きれいにしたいというのは自然な気持ちです。
私は天然の状態に近い歯や自然な状態の口元を得ようという治療を、審美歯科と言うと考えています。
またそうした気持ちは当たり前のニーズだと思います。

西船橋駅前歯科でも、できるだけ自然に近い状態やお口の健康に良い状態を
作れるよう考えて治療しています。
一本治療するにもきれいに治したいですし、全体を治す時は調和を考えて治療にあたっています。

さて、審美的な要素を考慮した治療では、オールセラミックをご紹介することが多くなってきています。
オールセラミックという概念自体は、遠く昔から存在していたものです。
ただし、昔のオールセラミックは割れやすく強度的な面で使用されることは限られていました。
そのため、セラミックでかぶせると言うと、
メタルボンドという金属の上にセラミックを貼り付けたものを使用する時代が続きました。
(金属を用いることにより強度を保つ利点があるためです。
ただし金属を用いる分審美性はやや劣ります)

ところが、ここ数年来、オールセラミックが昔のものとは構造的にも物性的によくなって、
私達、歯科医師の中ではホットな分野となっています。

とくにジルコニアという白いセラミックは金属のような強度を持ち、
メタルボンドで用いられていた金属におき変わろうとしています。
ジルコニアの登場により、従来できなかったオールセラミックのブリッジも可能になりました。
いいこと尽くめなのですが、あとは価格だけでしょうか。
普及すればもう少し身近になっていくことでしょう。

よりきれいな口元を笑顔を手に入れたい方は、
西船橋駅前歯科までお気軽にご相談くださいね。





ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。