2007年10月29日

歯周病治療のメンテナンスは大事です。

昨日のセミナーでもメインに置かれたテーマですが、
歯周病の治療において、メンテナンスは、
歯周病の進行を左右する非常に重要な治療になります。

せっかく良くしたお口の中を悪くしないためのメンテナンス、
問題の部分を残しつつも、問題の部分を、より悪くしないためのメンテナンスなど、
一口にメンテナンスといってもその目標は違ってきます。
その目標やお口の中の環境によって、メンテナンスの内容も変わってきます。

よく、患者様から何ヶ月おきに歯石を取ったらよいですか、と質問を受けます。
簡単には3〜6ヶ月に1回くらい、とお答えするのですが、
厳密には歯石がつくからメンテナンスをする必要があるわけではありません。
個人個人のお口の状態や歯周病に対するリスクに合わせて、
お口の健康管理のためにメンテナンスをするので、
間隔も内容もまちまち、と考えていただきたいのです。

また、歯石を取るという単一的な治療が、メンテナンスというわけではありません。
メンテナンスにおける内容についても、近いうちにわかりやすくお話していきたいと思います。



ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:37| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。