2007年11月08日

歯周病におけるメインテナンスの重要性 その3

歯周病の治療において歯周病菌の除去が大事で、
そのために歯ブラシの大切さについてお話しました。

実際には歯周病菌はバイオフィルムと呼ばれる固いぬめりのような塊として、
歯や歯石にこびりついています。
(バイオフィルムは台所の配管などの、ぬめりをイメージしてください)

このバイオフィルムは、頑固で歯ブラシでは落ちません。
歯科医院で、歯石除去と同様に、器械などで除去することが最も効果的と言われています。

端的に言うと、セルフケアとしての歯ブラシだけでは、歯周病治療には限界があるということです。
セルフケアと私達のプロケアの両方が大事という理由の一つです。

歯周病治療は、一度歯石を取ったら、それで終りではありません。
定期的にメインテナンスをして、お口の良い状態を維持しましょうね。




ラベル:船橋 歯科
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。