2013年12月12日

スタッフの結婚式に参加しました

先週末は勤務する歯科衛生士の結婚式に参加しました。
新婦の幸せそうな雰囲気を見ているとこちらまで幸せになりますね。

結婚式の楽しみの一つに、余興がありますが、今回もスタッフがお願いされておりました。
結婚式ごとにパワーアップと洗練されてきて、よくがんばってるなと思いますし、
余興そのものに笑いつつも、
仲間のために仕事が終わってからとかも練習してたんだろうなというところまで思うと結構感動します。

私自身も立場上、主賓の挨拶を頼まれることも多く、
結婚するスタッフのいいところを見つけ出して、聞いたことがあるようなものでなく、心に残るような祝辞になるよう努めています。

少し前からは通勤時間とか、お風呂の中では繰り返して、本番では間違わないようにと…
でも、言おうと思ってた言葉が吹っ飛んでしまったり、
逆にアドリブで、予定のないことを話したりもしてしまいます。
また話すスピードだったり、話の時間だったり、スピーチって難しいです。

政治家とかお笑いの人とかよくいろいろと話すし、
しかも切り返しも上手にしゃべるよなとうらやましく思います。


結婚式を挙げた歯科衛生士も、みんなに祝福された喜びを胸に仕事も一層がんばることでしょう。
結婚式に参加したスタッフも次は余興される側になって盛り上げてもらえるよう?きっとがんばることでしょう。

いい循環で職場の雰囲気が楽しくいくといいですね。








posted by 西船橋駅前歯科 at 22:56| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

インプラントの研修会に参加しました

先週末はノーベルバイオケア社のインプラントのアドバンスセミナーに参加してきました。

講師は前歯の審美歯科治療で著名な小濱先生で、
インプラント治療における審美歯科治療へのこだわりを堪能してきました。

インプラントとはいえ、元の歯と同じように再現するのは非常に困難です。
歯肉の形態も違いますし、インプラントの形と歯根の形も違います。

骨の移植や抜歯即時埋入、プロビジョナル(仮歯)を入れながらの形態の修正など、
様々なテクニックを勉強してきました。

インプラントはきちんとした診断をして、正しく治療をしていけば非常によい治療ですし、
歯を失った時の治療の選択肢としては必要不可欠なものですし、
今後も正しい知識、新しい技術のため勉強していくつもりです。
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:32| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

遠征インプラントオペ

11月初めの連休は鳥取の同級生の歯科医院にインプラントオペの手伝いに行ってきました。

米子鬼太郎空港

今回のオペは、ちょっと難しいものでしたので、お手伝いをさせていただいたのですが、
インプラントが終わってからは温泉や海の幸を堪能させていただき、
しっかり旅の気分も楽しませていただきました。

山陰地方に行かれる機会は少ないかと思いますが、
地の魚が新鮮でおいしく、温泉の多い地域で、のんびりできていいところだと思います。

最近では、出雲大社が女性に人気のようですね。

山陰地方


ちなみにドライブしながら、ここが「隣の」歯科医院と教えてもらった医院は2キロ先、
こちらでは考えられないお隣さんです…






posted by 西船橋駅前歯科 at 20:26| 千葉 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

歯科における消費税の取り扱いについて

10月1日、ついに来年4月からの消費税の引き上げが決まりましたね。

歯科では、自費診療(保険外診療)や歯ブラシなどの物品販売で消費税が課税されています。

患者様にとっては、消費税のかかる自費診療は高額になることも多いので、
3%のアップ(そのまた1年半後にはさらに消費税10%へ)は結構大きいと思います。

今のところは、まだ現実味がないのか、駆け込み需要みたいなものはほとんどないのですが、
来年ぐらいになると問い合わせが多くなりそうです。

ぎりぎりになって、3月中に全て治してくれと言われることも予想されますが、
きちんとした治療をしようと思えばこそ、ご説明や治療に時間がかかることも多いので、
全体的な治療が必要そうな方はお早目に歯科医院へ行かれることをお勧めいたします。


なお、保険診療には消費税が課税されていません。

一方で、保険診療のための材料、器具の購入や歯科技工費用には消費税がかかっています。
4月の保険改定でこれらを考慮するのか、保険分の経費にはなにかしらの対策が講じられるのかも気になるところです。
(そんなに甘くないかな…)

また、4月には高齢者の方の保険負担割合も上がる予定です。

歯科医院ではあまり関係ないかもしれませんが、保険診療の高額療養費の上限も上がりそうです。

将来的には、TPPの参加も医療に影響しそうですし。


国の財政や高齢化社会を考えると、医療費の増額、自己負担は上がる方向にあることは避けられません。

大きな治療になる前に早めに治すことや、予防を重視し治療にならないようにしていくことが、
健康社会と医療費の抑制に大事だと思われます。





posted by 西船橋駅前歯科 at 12:36| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

東京デンタルショー&インプラントセミナー

週末の連休は東京デンタルショーとノーベルバイオケアのインプラントセミナーに参加してきました。

1309dentarusyo
多分10年くらい皆勤賞!(のはず)

東京デンタルショーは短い時間だったので、興味のあるミニセミナーをさっと見て、
あとは駆け足で一回りしただけでしたが、CAD/CAM関連が目立ったように感じました。

1309dentarusyo-.jpg
根管治療のミニセミナー

ここ最近はCTやマイクロが大きなスペースを占めていましたが、
導入する先生は導入してしまって一息ついているところでしょうか。

CAD/CAMが目立つのは、新しい技術ということもありますが、
まさに医療機器らしいCTやマイクロなどと違い、
歯科以外の業界の技術を流用しやすい点と医療にしては参入障壁が低い分野である点で、
他業界からもきっとビジネスチャンスだと思われているからでしょう。

私としては、歯科メーカー、そして歯科医療に還元されるという意味でも、
ここは歯科専業メーカーに頑張ってもらいたいものです。

3Dプリンタの普及化で金型屋さんがいらなくなるのではないかと言われたりすることもあるようですが、
同様に歯科業界でもCAD/CAMの普及で歯科技工士さんの仕事が少なくなるのではないかと言われたりすることもあります。

実際、そんなこともないのですが、確実に歯科技工士さんの仕事の仕方は変わっていくでしょうし、
歯科医師の側でも、CAD/CAMを理解して取り入れている歯科医院はまだ少数ですが、少しずつ変化していくことでしょう。


ノーベルバイオケアのインプラントのセミナーも行ってきました。

骨造成を伴う技術の復習です。
実習もついてるのでわかりやすくてよかったです。

1309nbsemina-
模型と実際の臨床は100倍違いますが…

私のインプラントに対する診療方針としては、
できるだけ骨移植などにならないような設計、治療方針なのですが、
全てのケースで骨移植にならないように済ますことはできませんので、
新しい技術、知識のアップデートも必要だと考えて参加しています。









posted by 西船橋駅前歯科 at 20:36| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

祝・TOKYO2020!

東京に2020年オリンピック・パラリンピック開催が決まりましたね。
スポーツ観戦好きな私としては、
生で、近くで、世界のアスリート達や最高の戦いが観れることが今から楽しみです。

インフラも整えていくでしょうし、これを機会に東京という街もよりよくなっていくといいですね。
千葉の街も恩恵を受けて…きっとよくなるでしょう。

また、パラリンピックの開催を機に、障がい者が生活しやすい環境づくりや
(それは日本に特徴的な高齢化社会への環境づくりにもつながる)
街づくりだけでなく、そうしたことを通して広く優しい世の中を作ろうという機運が高まるのではないでしょうか。

tokyo2020-01.jpg

さて、あと7年。
西船橋駅前歯科は開業していま7年目。

そう考えると、7年なんてあっという間です。

日本も2020年という区切りにに向けてさまざまな取り組みをして、変化をして、
きっとよりよくなってることと思います。

私自身も2020年に向けて、東京オリンピックを楽しむということを目標に、
仕事と個人の両面で、社会へのどのように貢献して、
人生を楽しむことをできるかも考えていきたいと思います。



posted by 西船橋駅前歯科 at 23:31| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

夏休みなく診療しています

西船橋駅前歯科では夏休みなく診療をしています。

例年、スタッフやDrのシフトを変則的に組んで、
夏休みをとらないか、とっても2、3日程度にしています。
昨年は改装をしたので1週間強の休みをとりました。

さて、どっちがいいんでしょう。

患者様にとっては、歯科医院が休みなく診療しているということは、
何かあった時を考えれば、安心していただけるはずです。

スタッフはどうなんでしょう。

スタッフには医院そのものが休みをとらないこととは関係無く、
きちんと交代で夏休みをとってもらっています。
旅行に行きたいスタッフならずらした方がお得に旅行に行けていいのかな。
ただ、8月はスタッフが少ない日が続くことが、ちょっと大変ですね。
(予約は少なめにさせていただいています。)

ちなみに、休み前に夏用のシフトを組むのですが、パズルを組み立ててるようで四苦八苦します。
スタッフの希望や診療の状況に対応し、うまく組み立てられると、
難しいパズルを解いた時のような爽快さがありますね。


今日も受付で、「患者様から休みがなくてよかったわ。」と言ってもらっていました。
もう夏休みを終えたスタッフも、夏休み中のスタッフも、これから夏休みのスタッフも、
暑い日が続きますが頑張っています!





posted by 西船橋駅前歯科 at 23:58| 千葉 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

歓迎会

土曜の夜は、西船橋駅前歯科に入社したスタッフの歓迎会を行いました。
主役は以前にもお話しした春から歯科衛生士学校に通ってるスタッフです。

20130722 DSCN0134-02.jpg

彼女には当院へ患者さんとして来てもらっていて、
その後、求人に応募してくれたことにもありがたく思いますが、
そういう気持ちになるようにしてくれた当院の受付や歯科衛生士達にも感謝しないといけません。

一期一会で、常に一人一人の患者様と真剣に向き合うことが大事だよねと飲み会でも話してきました。

そろそろ昨年から育休に入ってる歯科衛生士もカムバック予定ですし、
いいスタッフ達に支えられていて私はとても恵まれています。

暑い夏はまだまだこれから続きそうですが、
みんなには焼肉を食べてスタミナアップしてくれたらうれしいです。


posted by 西船橋駅前歯科 at 23:55| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

医院見学に行ってきました

先週、以前セミナーでお話を聞いた先生の歯科医院さんに見学に行ってきました。

セミナールームがあったり、
インプラントの専用オペ室があったり、
当院と同じようにクラスBの滅菌システムを備えていたりして、
とても設備の整った歯科医院でした。
診療もセレックで一日で治療するところも見させていただきました。

歯科治療の知識そのものは講義だったり、書籍から学ぶことができます。
ただ、実際の臨床だったり、華やかな講義の裏に隠れた現実の部分などは、
医院見学をしてみないとわからないこともあります。

しかもそういったことの方が、実際に役に立ったりするんですよね。

勤務医の頃はよく医院見学に行って、こういったところをまねて開業したいな
とか考えていたのですが、
開業すると大きいハードの部分は改装でもないと活かせないので、
小物の部分や診療のシステムそのものをよく見ています。

今回の見学も、今後の当院の診療に活かされることと思います。



posted by 西船橋駅前歯科 at 01:18| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

ドイツ人が診療所に来る

昨日、西船橋駅前歯科で導入しているドイツの滅菌器のメーカー(MELAG社)のお偉いさん(ドイツ人)が当院に見学に来ました。
DSCN3175-01.jpg

日本の歯科医院の滅菌・消毒の現状を見てみたいということで、快く受け入れをしましたが、
ヨーロッパの歯科医院の実際の滅菌のレベルがどのようなものかわからないので、
どのように感想をもち、日本の現状を見てどう思われるのかちょっと心配もありました。

とりあえずクラスBの滅菌器を入れているだけでも日本では少ないので、
彼の心の中に残る歯科医院であればいいなと思い見学を受け入れました。

結果としては、私なりに、去年の改装時の一つのポイントとして、
廃棄、洗浄、消毒、滅菌、管理に至る動線を作っていて、
その流れや滅菌の業務を見て、結構それに喜んでくれていましたので、
日本の歯科医院を見学される立場としてはよかったのではないかなと思っています。

DSCN3178-01.jpg

あと、英語はよく聞き取れなかったのですが、
(リップサービスかもしれませんが)スタッフのこともほめてくれてた気もしますので、
来てもらって悪い気はしなかったのかなと…

日本では滅菌・消毒という概念に基準というものが全くなく、
各々歯科医師の良識に任されているのですが、
海外では滅菌にこと細かい基準があり、その日の滅菌について記録をする義務もあります。

そうした規制もないことからか、日本ではまだマーケットが小さいので、
世界的基準のクラスBの滅菌器は日本のメーカーでは生産されていません。
日本のメーカーが作ってないということは、
クラスBで滅菌をしている歯科医院は今のところは少数なのが現状です。

歯科医院における本質である治療の技術もそうですが、
できるだけグローバルな視野を持ち、
やらなくてはいけないから導入するという視点でなく、いいと思われるものは導入し、
患者様の利益になる部分を考え、力を入れていきたいと考えています。

ちなみにドイツ人の彼は今週末に歯科医院の滅菌管理について講演もされるので、
当院における今後の滅菌や清潔な歯科医院づくりのため、講演を聞きに行ってきます。



posted by 西船橋駅前歯科 at 23:57| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

CTのセミナーに参加してきました

今日は、当院で使用しているCTを利用しているユーザー向けのセミナーに参加してきました。

以前も同様のセミナーに参加しており、その時はインプラント診断のためにCTを使用する話が多かったのですが、
今日のセミナーでは歯内療法でのCTの活用の話が多かったように感じました。
歯を残すためのCTの活用としてはいい傾向ではないでしょうか。

さすがに現在ではインプラントをそこそこ行ってる歯科医院さんではCTを導入しているようですが、
当院が導入した5年前には普及率1%未満という状況でした。
最近では開院当初からCTを備える歯科医院さんも増えてきて、約4%ぐらいの普及率になってきているようです。

普及率が増えている理由としては、
機械そのものが従来のレントゲン室に入るような小さなサイズになったこと、
(当院はこのタイミングの最初に導入しました。)
そして、2年前よりCT診断が保険導入されたことの二つのようです。

インプラント治療はもちろん、
埋まっている親知らずの抜歯や難しい神経の治療などでは、保険治療でCT撮影が可能です。
立体的な歯や骨の状態がわかることで、(CTがないより)治療の質は格段に上がります。

全ての治療でCTが必要なわけではありませんし、
CTは診断の器具であり、治療そのものではありませんが、
言うなれば素手と鉄砲で戦うようなものです。

顎関節症でのCT診断の話も聞けましたし、改めていい話が聞けました。
明日の診療から役にたつこととなると思います。
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:45| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

Wカップアジア最終予選 日本VSオーストラリアに行ってきました。

たまたまですが、虫歯の日の6月4日に、
埼玉スタジアム2002へワールドカップ最終予選日本VSオーストラリアを観に行ってきました。

DSCN2953-1.jpg
浦和美園駅前はオージーも集結しワールドカップっぽい

DSCN2959-2.jpg
黄昏行く埼スタへ乗り込む

DSCN2982-1.jpg 5408c259.jpg
ウッチー大人気、私の前列の見える範囲の女性陣は全て6番
(2013年のカレンダー売上AKBに次ぐ第2位の実力を実感。)

DSCN3030-1.jpg
私は10番香川で参戦

結果はご存知のようになんとか引き分けにもちこみ、
2014ブラジルワールドカップ出場決定の瞬間を見ることができました。
DSCN3086-1.jpg


残り10分で、先制点を決められた後はちょっと放心状態になり、
ロスタイムの本田選手のPKを蹴るときは、こちらまでドキドキしていましたが、
さすが本田選手というところでしょうか。

DSCN3151-1.jpg
本田選手、試合後の会見でチームワークがいいのは当然として、
個の力が大切だと言ってましたね。
これからの日本の社会は、従来の組織の力をベースに、個の力が生かされる時代ですよね


それにしても、日本でWカップ出場を決めるのは初めてということで、
記念すべき瞬間をこの目で見ることができてサッカーファンとしてはうれしかったです。


ブラジルも行きたいけど地球の裏側だし、さすがにきついですかね。
(スタッフからもコンフェデ行くんですか?と聞かれましたが、行きません…)



posted by 西船橋駅前歯科 at 23:50| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

正しい姿勢で治療を行う

今日は、歯科治療の正しい姿勢、、マイクロスコープや器具の持ち方を学ぶという実習コースに参加してきました。

CIMG1559-1.jpg CIMG1561-1.jpg

歯学部の学生時代には、歯の正しい削り方といったような授業や実習はあるのですが、
正しい姿勢、ハンドピース(ドリル)、ミラーの持ち方を学ぶという授業はほとんどありません。

そのため、おそらく、多くの歯科医師が自分のやりやすい姿勢で治療を行っています。
もちろん、どんな姿勢で治療をしようが、きちんと治療できてれば患者さんにとってはほぼ問題ないはずです。
(引っ張られて痛いとかもありますので・・・
それはそれで患者様にとっては苦痛ですからね。)

私たちにとっても、やりやすい姿勢と言いつつ、奥歯の方などは見えにくいので、
治療時には無理な姿勢になることも多く、歯科医師には腰痛持ちや肩こりの方が多くいます。


私は学生時代に空手をやっていたのですが、空手には型というものがあります。

流派によって型は違うのですが、空手の型というものには、
攻めと守りと言った空手の要素が無駄なく理論的に集約されています。
実際の試合や実戦に型がそのままの形で使えるかというと、
相手の体格、攻撃、実力、状況などに全く同じシチュエーションというものはないので、
そのまま使えることは少ないと思います。
それでも体にしみこんだ形があるからこその応用というものがあり、
実戦に生かされるように感じます。

歯科治療の姿勢というものも同じなのかなと思いました。

多分、これが正解だという治療の姿勢、器具の持ち方というものは無いのですが、
一定の理論的な姿勢や持ち方が習得できて、体が覚えていれば、
できているからこその難しい場所の治療も可能になるし、
無駄のない姿勢は体にも無理がなく、それが長い歯科医師人生を支えるのかもしれません。

今までの10数年の癖というものもありますが、
長く歯科医師として活躍したいからこそ、明日から無理のない姿勢で治療をしていきたいですね。


姿勢がいい方がカッコいいしね!






posted by 西船橋駅前歯科 at 23:27| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

Jリーグ20周年ということで

昨日、5月15日はJリーグ20周年のニュースをやってましたね。
でも、その日の開幕試合はヴェルディ川崎VS横浜マリノスの1試合しかなかったんですよね。

私にとってのJリーグ開幕試合は翌16日、そうちょうど20年前の今日、
サンフレッチェ広島VSJEFユナイテッド市原でした。

当時広島大学の3年生だった私は広島で開幕試合を観戦。
風間さんの日本人初ゴールなどもあり、広島が勝利して喜んだのをよく覚えています。

あれから、20年か…

千葉に帰ってきても、やっぱり広島を応援している自分がいます。


そんな記念すべき日に駅にJEFのジェフィ君がいるじゃないか。

というわけで、せっそうなく記念写真を撮ってもらいました。

ジェフィ.jpg

一応、広島の次に地元である千葉と柏を応援してますので許してください。

ちなみに私の千葉銀行の通帳の表紙はJEF千葉です。


posted by 西船橋駅前歯科 at 23:09| 千葉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

当院の患者様が求人に応募してきました

この春、当院の患者様が求人に応募してきました。
歯科衛生士学校に入学するということで、当院でのアルバイト希望です。

人柄的にもきちんとした方ですので、採用させていただき、
4月より仕事に学校に頑張っています。

歯科衛生士や歯科医師になるための授業というのは座学だけですと、わかりにくいことも多いのですが、
実際の診療でどうしてこうなのかということを、頭だけでなく、肌で覚えていくと、
学校の授業の理解にも役に立つようです。

私なんかも大学歯学部の時には歯科に関係するバイトはしてなかったのですが、
少しやっておけばよかったかなと思います。
でも、男の歯科助手は気持ち悪いですかね。

女性の歯学部の学生さんにはおすすめですよ。

とにもかくにも採用したスタッフが3年後、
(歯科衛生士になるには今は3〜4年かかります。)
無事に歯科衛生士になれるよう仕事を通して応援していきたいと思います。



posted by 西船橋駅前歯科 at 22:38| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

歯医者の私が虫歯になって

実は、今、歯の治療中です。

歯医者も虫歯になるんです。

ちょっと前くらいにふとした時にピキーンとくる歯があるなぁと感じたのですが、
あるとき、フロスをしたらがりっとかけた歯の一部がとれてきました。

多分欠ける前兆として、ちょっと違和感があったのだと思います。
まさか欠けてるとは思ってなかったので、違和感があるけどしばらく放置してしまっていました。

歯医者である私は当然毎日歯を磨いています。
食事のたびに歯を磨いています。
しかも一生懸命時間をかけて磨いているのに・・・
でも、がりっと欠けてしまったのです。

その瞬間、かなりショックでした・・・

でも治さないわけにはいきませんので、
勤務医の先生にお願いして治してもらいました。

白い歯がいいので、セラミックインレーで治します。
今、うちの上手な技工士さんが作ってくれてるところです。

私の今の状況は仮のつめものが入っています。
仮の歯の状態の時には取れないようにガムとかは食べません。
強い力がかかると残ってる歯の部分が欠けることもあるので、
反対側の歯で食べてます。

はぁ〜。

気持ちは患者様と同じです。

早く入らないかなぁ。


posted by 西船橋駅前歯科 at 00:39| 千葉 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

広島日帰りでサッカー観戦

ここのところの日曜日はセミナーに参加することが多かったのですが、
昨日の日曜日は趣味の日ということで、広島へ日帰りでサッカー観戦をしてきました。

日帰りで広島というと遠いし、なんだか疲れてしまいそうですが、
慣れている場所への往復だと、移動距離が大きいだけで、体が疲れるほどではありません。

むしろ好きなことをして心が満たされれば、明日の仕事のためのよい活力になります。

対戦相手は鹿島で、今年の優勝候補です。
結果はスコアレスドロー。
お互いシュートも多く、攻防にメリハリもあったので、見に行って良かったとします。

前々回、広島へ鹿島戦に行ったときは、鹿島の選手たちと同じ飛行機で、
相手チームとはいえ、代表選手がたくさんいてなんかうれしかったのですが、
昨日は違う飛行機だったみたいで、ちょっとだけ残念でした。

そうそう、去年の広島優勝の試合の時は、
サッカー番組のお仕事で来ていたJのT君が、帰りの飛行機の隣の席に座りました。
見た目は金髪で芸能人オーラたっぷりでしたが、フレンドリーに言葉を交わし握手をしてくれました。
最近は(歌番組より)サッカー番組で見ることが多いのですが、
その時以来、TVで見れば応援しています。

たまにこういうことがあると得したようなうれしい気分になれますよね。

そう言えば、最近見た有名人(?)は、ふなっしーです…(本物ね…)
ジャンプしてました。
ふなっしー、船橋を盛り上げてください!

posted by 西船橋駅前歯科 at 23:57| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

先週のセミナー 午後の部

先週の日曜日の午後は東京医科歯科大学の午前の勉強会の後、
品川に移動して、ノーベルバイオケアインプラントのセミナーに参加してきました。

新製品の紹介を兼ねたセミナーで、
プラットフォームシフティングについて講義を受けてきました。

プラットフォームシフティングとはインプラントとその上物(土台)であるアバットメントのつなぎ目の結合様式のことで、
歯肉組織を維持し、骨の吸収を少なくしていく形状を指しています。
130312NB.jpg

早速、注文しましたので、今後ケースに合わせて使用していく予定にしています。

posted by 西船橋駅前歯科 at 23:51| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

先週のセミナー 午前の部

順番が前後してしまいましたが、
先週の日曜日もセミナーに参加してきました。

午前は東京医科歯科大学口腔外科主催の病診連携医療機関向けの勉強会です。
内容としては口内炎の鑑別診断と顎関節症についてでした。

大学らしいまさに授業で、口内炎の分類や口腔がんなどの病変との鑑別について勉強してきました。

実際の臨床でも、先日も、
のどの方が痛くて内科に行ってCTを撮り問題ないと言われたが、痛いので歯科に来院、
という患者様がいらっしゃいました。
症状とパノラマレントゲンに特有の像が出ていましたので、当院では唾石症と診断しました。

こういった大きな病変や腫瘍などは、
一般開業医としての人生では、そう何度もめぐり合うわけではないのですが、
やはりホームドクターの役割を担う一開業医としては、そこに気づく、鑑別するという能力は必要です。

一生に一度会うか会わないかの病気のためなのかもしれませんが、
その一瞬のために、
そしてそこに患者様の健康や人生がありますから、
医療従事者は広く知識のブラッシュアップをしていく責任があると思っています。



posted by 西船橋駅前歯科 at 22:52| 千葉 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

昨日のセミナー

昨日の日曜日もセミナーに参加してきました。
春(と秋)はセミナーの多い季節で、行きたいセミナーが重なることもしばしばですね。

昨日のテーマは「低侵襲治療」=できるだけ抜かない、削らないといった治療についてでした。

出来るだけ抜かない=抜歯にしない、というテーマになると、
どこのセミナーでも書籍でも取り上げられる問題ですが、
抜歯の原因の多くを占める歯根破折の問題は昨日のセミナーでも長い時間が割かれていました。

患者様レベルですと、実際に歯を失うという現実に直面しないと、
どのようにしたら抜歯にならないようにするかという問題を考えることはできないと思いますし、
歯が残っているうちは、歯を長持ちさせるということが
日々の中で最優先にならないことは仕方がないところもあると思います。

ただ、私たち、歯科医師、歯科医院は歯科治療、歯を大事にするという仕事を中心にしているわけですから、
少なくとも自分たちが診る患者様に対しては、
常に歯を守る、抜歯にならないようにするためにはどうしたらいいのかということを、
考えて取り組む必要があると思っています。

また、歯を大切にする治療や丁寧な治療には、時間や回数、多少費用がかかるのですが、
それを伝えていくことも治療と同じくらい大切な仕事だと考えています。

今日も他院で抜歯と言われたがどうなのかという新規の患者様が来られましたが、
ブリッジの根の先まで炎症が波及しており、抜歯の診断は避けられない状況でした。

この患者様とも、もう少し早く出会えていたら、治療のこと、予防のことを通して
もう少しお手伝いができていたかもしれませんが、
今回のことをきっかけに、残っている歯については歯を守れることができるといいですね。




posted by 西船橋駅前歯科 at 00:50| 千葉 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。