2011年11月18日

ウォーキングブリーチングについて

神経の治療をした歯は時間がたつと歯の色が変色してしまいます。
女性のお笑いタレントさんでも目立つ方がいますね。
そういったキャラで売ってる方はいいのかもしれませんが、
一般人にとっては歯の悩みの一つとなってしまいます。

このような場合には、
変色のないセラミックのかぶせもので隣の歯と同じように治すというのが、
長い眼で見た場合にはやり替えのないよい治療方法と考えておりますが、
それなりに歯を削ならくてはいけないことが欠点となります。

神経が死んで変色した歯を、必要以上に削らずにある程度白くする方法に、
ウォーキングブリーチという方法があります。

これは神経の治療してある穴の部分にホワイトニングの薬剤を入れて、
歯を白くする方法となります。

一般的に行われているホワイトニングは、
歯科医院で行われるオフィスホワイトニングであれ、
ご自宅で行うホームホワイトニングであれ、
歯の表面から歯を白くしていきます。

ウォーキングブリーチは反対に歯の中から、
神経の治療をした部分から歯を白くしていきます。

長所としては上にも書きましたように歯を削ることが少なく歯を白くすることができることです。

短所としては、歯の表面からホワイトニングをする方法と比べた場合には、
歯を弱くすることがあると言われていることです。

これは、歯の表面(エナメル質)は硬く、無機質と言われる組織で、
この組織は、ホワイトニング薬剤の過酸化水素による影響をほとんど受けないのに対し、
歯の内部(象牙質)は柔らかく、有機質という組織で、
反対に影響を受けやすいと言われているからです。

したがって、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは、
白くなる限界は別として、生体的な回数の制限はありませんが、
ホームブリーチングではやりすぎは禁物と言われています。

それでも歯を削らずに白くできるということは患者様にとっては受け入れやすいようで、
上記のようなメリット・デメリットを説明したうえでも、
現在進行形で3人ぐらいは治療しており、それぞれの方が歯が白くなることを喜んでいただいております。

利点欠点を考えながら患者様の満足度が得られるように、
できるだけ削らない治療、負担の少ない治療を心がけていきたいと考えています。









posted by 西船橋駅前歯科 at 22:09| 千葉 🌁| 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ホワイトニングコーディネーターの試験

先週の日曜日に、西船橋駅前歯科の歯科衛生士達が
ホワイトニングコーディネーターの試験を受けてきました。

ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会が主催する歯科衛生士対象の資格です。
結構、人気がある資格で、受験者はいつも満員御礼の状態です。
前回は申し込み時点で、満員のため受験できませんしたので、
今回は気合を入れて、半年くらい前から申し込んでいました。

試験そのものは、日常的にホワイトニングに携わっている歯科衛生士には、
復習みたいなものだったようですが、モチベーションとしてはいい機会になったようです。

合格発表は、しばらく先のようですが、きっと合格すると思いますので、
合格の暁には、こちらでご報告もしたいと思います。

ラベル:歯科 船橋 歯医者
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:56| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

ホワイトニングとセラミック治療

前歯のセラミック治療をするときに、同時に他の歯のホワイトニングを希望されることが多くあります。

この場合には、セラミックの型取りをするときまでに、
ホワイトニングを終えておかなくてはなりません。
基本的にはご自身の歯をホワイトニングで白い歯にしておいて、
その色に合わせてセラミックの色を決めます。

長期的な注意点としては、ホワイトニングの効果は永久的なものではないのに対し、
セラミックは経年的な変色をしないということです。

つまり、ホワイトニングを継続せずに、時間だけがたてば、
ホワイトニングをした歯とセラミックの歯は変わってくるということです。

継続的なホワイトニングの方法としては、ホームホワイトニングが最適です。
ホームホワイトニングで自分の歯を白くした場合には、
使用したマウスピースについては、かぶせものの処置をすると、作り変えも必要になります。

ホワイトニングの患者様が、オールセラミックなどの保険外診療によって、
マウスピースの作り直しが必要になった場合には、無償で作り直しに対応しています。
こうしたことは自費治療という付加価値治療におけるサービスだと考えています。

実際には、セラミック治療とホワイトニング治療の併用には、
もう少し説明しておかなくてはならないこともあります。
安心して審美歯科治療やホワイトニングを受けていただくためにも、
患者様個々に合わせた事前の相談・説明をすることも、
医療サービスには欠かせないことだと考えています。





ラベル:歯科 船橋 歯医者
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:32| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

昨日のホワイトニングの話のつづき

昨日のブログで、ホワイトニングのお話をしたためか、
今日もホワイトニング相談のお電話がありました。

ちょうど、キャンセルのお時間帯があり、本日拝見させていただきました。

お電話でのご質問で多いのが、行ったらその日すぐにホワイトニングをしてくれるかという質問です。
本日の患者様も、お電話ではそのご質問をされていたようです。

残念ながら、ホワイトニング前には、歯のクリーニングを行い、
次回以降にホワイトニングの施術となります。
むし歯があれば、むし歯の処置が先に必要になります。

とくに前歯のむし歯を治さずに、ホワイトニングを行うと、
ホワイトニング材の刺激で、痛みが出てしまいます。
歯は白く、きれいになっても痛みで七転八倒では困りますよね。

また、ホームホワイトニングを行う場合には、むし歯の治療により、歯の形が変わると、
ホームホワイトニング用のマウスピースが合わなくなるため、
むし歯の治療後にマウスピースの型とりを行う流れとなります。

ホワイトニングを行うことが、患者様の第一のご希望であっても、
お口全体の健康を考え、その一つとしてホワイトニングを考えると、
それに先立つ治療が入ることがあることはご了解ください。

お口の健康は長く維持してこそ、意味があるものです。
きちんと治して、ホワイトニングできれいになって、
素敵な笑顔とお口の健康を得てくださいね。
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:35| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

結婚式前のホワイトニングのご相談

新年になってから、ホワイトニングのご相談、治療が多いようです。
ご相談では、歯の変色の原因やお口の状態に合わせて、
ホワイトニングの方法や、審美歯科の方法をご提案しています。

ホワイトニングは技術的にそれほど難しいことではありません。
むしろ、患者様の希望と歯科治療で出来ること出来ないことを判断して、提案する力が重要となります。
患者様に満足感が得られなかったら、ホワイトニングの意味がないですからね。

ホワイトニング相談で多いのは、結婚式を控えている方々です。
新年からは3名の結婚式前のホワイトニング相談がありました。

お一人は、1月末の結婚式で、お口の中には大きな問題はありません。
このパターンでは、結婚式の直前にホワイトニング効果のピークを持ってくる計画で、
2回のオフィスホワイトニング(ビヨンド)を行います。

お一人は、2月始めの結婚式で、色の合ってないかぶせものやつめものが入っています。
ホワイトニングでは、かぶせもの、つめものの色は変わりません。
ホワイトニングの限界を説明し、つめもの、かぶせものの短期間での集中治療を提案しましたが、
お仕事の都合上、十分な治療時間と回数が取れないとのことで、
できる範囲のことだけを行っています。
それでも、変色したつめものをきれいに詰めかえただけでも、結構喜んでいただきました。

もう一人は5月の結婚式、変色度合いが強く、やはりホワイトニングの限界を感じさせる状態です。
こうした場合は、永続的な色調の変化を望むのであれば、ラミネートベニヤでの治療、
または、結婚式のみの一時的なものであれば、歯のマニキュアと言われる治療を提案します。
それぞれの長所、短所を説明しましたが、どうするかお悩みの様子です。
時間的な余裕と本人の希望もあり、やるだけホワイトニングを行ってみて、
その結果で上記の方法を再度検討してみるとのこととなりました。
ちなみにホームホワイトニングを行います。

結婚式前のホワイトニング相談、審美歯科相談は、時間のゆとりがあると助かります。

ホワイトニングやインプラントを始め、歯科治療のご相談では、
患者様のご相談に耳を傾け、持ってる知識と技術をフル回転してご提案しています。
結婚式に関わらず、ホワイトニングや審美歯科相談はお気軽にどうぞ。
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ホワイトニングの効果

久々にホワイトニングの話題です。

先日オフィスホワイトニングを行われた患者様が、
「あまり効果が感じられなかった」と一言。

記録している写真を見れば、ある程度のホワイトニング効果は得られているのですが、
やはり、さびしい気分になってしまいます。

ホワイトニングの難しさは、
かぶせものの治療と違い、治療前に、この色になりますよ、という約束が出来ないこと、
患者様による期待度の違い、
常に見続けることによる目の慣れで、効果がわからなくなってくる、ことなどがあると思います。

反対にすごく喜んでくれる患者様もいますし、
同じ治療をしていても、感じ方が違う点が難しいところです。

西船橋駅前歯科では、多くの人に喜んでもらいたいので、
中途半端なオフィスホワイトニングの器具でなく、
アメリカから輸入された評判のよいビヨンドシステムを使っています。

歯の質にもホワイトニングの向き不向きもあったりします。
ある程度の予測される術後の色のことも含めて、
ホワイトニングのご相談はお気軽にどうぞ。




posted by 西船橋駅前歯科 at 23:55| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ホームホワイトニングいろいろ

ホワイトニングには医院内で行うオフィスホワイトニングと、
自宅で行うホームホワイトニングがあります。

西船橋駅前歯科ではオフィスホワイトニングのビヨンドというシステムを採用しています。
ビヨンドは使い方を間違わなければ、確実に歯は白くなります。

ホワイトニング効果を第一に期待している方に対しては、
オフィスホワイトニングを、お勧めする場合が多いのですが、
ホームホワイトニングの良さもありますので、ケースによってはホームを勧めることもあります。
もちろんホームホワイトニングに関しても、患者様の立場に立ったホワイトニングを行っています。

日本国内で認可されているものは、厚生労働省の認可の関係上、
濃度の弱いものに限られています。
しかし、西船橋駅前歯科では、歯科医師の立場で個人輸入することを条件に、
海外で流通しているものを、患者様にご提供することができる体制になっています。

海外のものの方が、最先端の薬剤でホワイトニング効果の高いものなのですが、
一方でそうしたものは使い方に対する知識も必要となります。
効果が高いものは多少、痛みが出やすかったりするので、
痛みに対する対処法もまた必要になります。

ホワイトングで求められることは、最大限の効果を、最小限の痛みで得ることです。
患者様が自身で使うものですから、そのバランスを考えて、
患者様に正しいホワイトニング材を処方する、
そんなイメージでホームホワイトニングに取り組んでいます。

posted by 西船橋駅前歯科 at 23:57| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

黒い歯肉をきれいにすることができます

今日は寒い一日でしたね。
スタッフ同士や患者様とのあいさつも「寒いですね」、の一日でした。

さて、歯の色は変色や着色などで、個人によって色調に違いがありますよね。
また、そうした変色などに対する治療法として、
歯のホワイトニングという治療方法が用いられることもご存知のことと思います。

歯の色が個人によって違うように、歯肉の色も違うことを、
皆さん、ご存知でしょうか?
歯肉は歯ほどは口もとの中で目立たない部分ですが、
メラニン色素という色素の沈着を起こすと歯肉が黒ずんでくることがあり、
黒ずんだ歯肉は口元を暗くしてしまう原因となってしまいます。

変色した歯をホワイトニングによって改善できるように、
黒ずんだ歯肉も薬剤による治療できれいなピンク色の歯肉を取り戻すことができます。

明るい口元は健康な笑顔をつくりだします。

歯のホワイトニングと比較しても、比較的簡単に行うことができますので、
歯肉の黒ずみが気になる方は、是非ご相談くださいね。


ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

ホワイトニングの効果を維持させよう!

ホワイトニングの質問で、ホワイトニングの持続期間を聞かれることがあります。
ホワイトニングの出始めの頃は、永続的に持つような誤解があったようですが、
最近では、そうではないことはご理解いただいているようです。

持続期間としては、2年程度を目安とご説明していますが、
これはあくまで、お食事や飲み物、喫煙の有無などが、
理想的な条件のもとでのあくまで目安の期間です。

また、定期的なクリーニングにより再着色がないようにすることで
ホワイトニング効果の維持期間は高まります。

ホワイトニング効果を、より持続させるには、
ご自宅で行うホームホワイトニングを併用したり、
ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用することもおすすめです。

ベストなホワイトニング効果の持続は、定期的にホワイトニングを行うことですね。
一度ホワイトニングした歯は、半年から1年での再度のホワイトニングによって
もとのホワイトニングした色に戻ってくれると言われています。

せっかくホワイトニングをしたら、できるだけ長くホワイトニング効果を維持できるといいですね。



ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:40| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

審美歯科で口元を自然に、より美しく

きれいな歯や口元にしたい。
審美歯科というと、何やら雑誌の後ろに載っていて、
人知れず行なわなくてはいけない治療かと思われてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、
お口の治療を考える時に、きれいにしたいというのは自然な気持ちです。
私は天然の状態に近い歯や自然な状態の口元を得ようという治療を、審美歯科と言うと考えています。
またそうした気持ちは当たり前のニーズだと思います。

西船橋駅前歯科でも、できるだけ自然に近い状態やお口の健康に良い状態を
作れるよう考えて治療しています。
一本治療するにもきれいに治したいですし、全体を治す時は調和を考えて治療にあたっています。

さて、審美的な要素を考慮した治療では、オールセラミックをご紹介することが多くなってきています。
オールセラミックという概念自体は、遠く昔から存在していたものです。
ただし、昔のオールセラミックは割れやすく強度的な面で使用されることは限られていました。
そのため、セラミックでかぶせると言うと、
メタルボンドという金属の上にセラミックを貼り付けたものを使用する時代が続きました。
(金属を用いることにより強度を保つ利点があるためです。
ただし金属を用いる分審美性はやや劣ります)

ところが、ここ数年来、オールセラミックが昔のものとは構造的にも物性的によくなって、
私達、歯科医師の中ではホットな分野となっています。

とくにジルコニアという白いセラミックは金属のような強度を持ち、
メタルボンドで用いられていた金属におき変わろうとしています。
ジルコニアの登場により、従来できなかったオールセラミックのブリッジも可能になりました。
いいこと尽くめなのですが、あとは価格だけでしょうか。
普及すればもう少し身近になっていくことでしょう。

よりきれいな口元を笑顔を手に入れたい方は、
西船橋駅前歯科までお気軽にご相談くださいね。



ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

ホワイトニングの結果によろこんでもらうためには

ホワイトニングを行うと、ほとんどの患者様に喜んでいただけます。
削ったりするようないわゆる「やらなければいけない治療」と違って、
患者様にとっては前向きな「よりよくするためのケア」と、とらえられているからだと思います。
きれいになれば、誰だってうれしいですよね。

さて、ホワイトニングをされる方の歯のタイプにはいくつかの分類分けができます。
まずは、もともと歯が白く、より白い歯であることを願う方々です。

結果は、より歯は白くなります。

白くなる段階としては、もともとの歯が白いと、結果に限界があるのが実際です。
また、このタイプの方は、期待値がすごく高い場合が多いので、
私達としては、ホワイトニングとしては最高の結果が得られた、
と思っても「ふ〜ん」という感じのこともあったりします。

私達としてはホワイトニング前にある程度の予測がつくので、期待される結果についてご説明するのですが、
患者様満足度に関しては、初めの期待値がどこにあるのかということで、時に難しい問題となります。

でも、オフィスホワイトニングのビヨンドは確実に白くなります。(自信をもって)
以前、体験していたホワイトニングマシーンでは、
術者サイドから見ても、白くなってるようには見えないこともありましたので、
ビヨンドは優秀と言っていいと思います。

ホワイトニングの話もたまには書きますね。
色々なパターンの患者様がいますからね。

口元をきれいに、美しい笑顔に!




ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:36| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ホワイトニング後の一言

歯のホワイトニングの効果を知る一番良い方法は患者様の感想です。
ホワイトニング直後にホワイトニング剤をとって、患者様に最初に鏡で見てもらう時の反応が全てではないでしょうか。

正直、私達もこの瞬間はドキドキです。
術者としては、結構白くなったと思っても、「ふ〜ん」みたいな時もありますし、
逆に術者としては予想していたよりも結果が出ていないと感じても、違いに感動してくれる場合もあります。

これはホワイトニングの効果は、歯は白くなるという結果はある程度約束できるのですが、
こういう白さにするといった調整はできないという点だと思っています。
かぶせものと違ってこの白さにします、という絶対的な基準もなく、術直後の感想が患者様の期待値に左右されやすいという点も理由だと思います。

ただ、より白くなってほしいという結果を求めていることはホワイトニングを行う方に共通する願いです。
(白すぎて苦情を言われることはないですから)

西船橋駅前歯科で導入しているビヨンドはこの感想という結果が、非常に評価が高いと感じています。
多くの患者様が術直後の白さに喜んでいただけます。
私達の安心感もそうですが、患者様に喜んでいただけることが私達の最大の喜びです。

ハイライト、ブライトスマイル、ズーム、ビヨンドとホワイトニングマシーンを経験していますが、
こうした患者様の評価を目の前で感じて、自信をもってホワイトニングを行い、患者様に喜んでいただけることが
ビヨンドというホワイトニングマシーンを導入して良かったことだと感じています。




ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:27| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

歯のホワイトニングは何を食べていいの?

ホワイトニングをすると色のついた食べものは控えていただくよう、お願いしています。
特に24時間以内は再着色しやすくなるので、できるだけ控えてくださいね。
ホワイトニング後の歯は一時的に歯の表面が色を取り込みやすくなっているんですよ。

でも、色のついていないものってどんなものって考えると結構大変なんですよね。
西船橋駅前歯科の歯のホワイトニングでは術後に注意事項の紙をお渡ししているのですが、
例として書かれている食べ物は白いもののオンパレードです。
一つ一つはそれほど悪くないのですが、組み合わせて考えていくと、あっさりしすぎていると感じています。

ホワイトニングを気持ちよく行っていただくと共に、おいしい食生活も過ごしてもらいたいと考え、
自らホワイトニングに良さそうなメニューを色々と考えた時期がありました。
おいしいものって何らかの味付けがしてあったりしますし、
色の薄い食べ物はそもそも味が淡白なものが多い気がします。

おすすめはやっぱり豆腐ですね。。
豆腐はしょうゆをつけることが多いと思いますが、逆にしょうゆはホワイトニングには不向きです。
こんな時こそ、豆腐を生(き)で食し、そのものの味を楽しむのも、豆腐通っぽくてよいです。
組み合わせのお勧めとしては豆腐にシラスをのせて味付けは塩少々です。
まさに白いもののオンパレードです。

色々豆腐も食べてみましたが、男前豆腐店の「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」などはおいしいですよね。

ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

白い歯でニッコリ

昨日、今日ホワイトニングが3ケース続きました。
3人ともかなり白くなり、ニッコリ喜んでいただき、私達も大満足です。

西船橋駅前歯科ではビヨンドというオフィスホワイトニングで歯のホワイトニングを行っています。
私自身、オフィスホワイトニングは、松風ハイライト、ブライトスマイル、ズームと経験してきましたが、
個人的な感想ですがビヨンドの結果が、術者として一番満足しています。

ホワイトニングは結果が患者様の目ではっきりわかるので、反応がわかりやすい治療です。
そこが良い部分であり、ときに難しい部分でもあります。

歯の質的に結果が思わしくない場合もあるのですが、
こちらが白くなったと思っても、患者様の期待値が高いのか、
私達が思うほど喜んでなかったりするとちょっとへこむこともあります。
(ホワイトニングの適応や限界は治療前にご説明しますね。)

そういう意味では確実に結果の出るホワイトニングマシーンを使う方が私達にとっても精神衛生上も良いわけです。
ビヨンド、いいですよ。
ホワイトニングに興味のある方はぜひ体験してみてくださいね。

ラベル:歯科 船橋
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

昨日のホワイトニングの報告

昨日のスタッフのホワイトニングの話の続きです。

まず、術後の痛みに関してですが、2,3時間してから、
じんわりと出てきたようです。

一応痛み止めを飲んですごしたとのこと。

夕食は、白いものを食べなくてはと、しらすご飯を食べ、
栄養をとらなくてはと、白いデザート(冷たい)を食べたところ、
ひやっとした痛みというか、しみが出てきたとのことです。

一晩経ったたら、ほぼしみはなくなったとのことで、
一安心です。

白さの方はほぼ術直後のままのようですが、
これはもう少し時間の経過を見て評価したいところです。


今日は、以前勤めていたときに担当していた患者様が、
病気で亡くなられたということで、
ご主人様が直接、ごあいさつに見えられました。

ご夫婦とも治療を担当させていただいており、
奥様の方はメンテナンスを中心に12月まで、
治療させていただいていたのですが、
1月のご予約に見えられなくなり心配していたところでした。

最後の治療のときに自分の歯の模型を頂戴と言われて、
保存していた診断用の模型をお渡ししたたのですが、
もしかしたら彼女は何か死期のようなものを感じていたのかもしれません。

開業でお別れすることは分かっていたのですが、
それはまた会えるチャンスがあるお別れです。
同じ会えないにしても永遠の別れは言葉に言い表せない寂しさがあります。
本人もまだ40代と若かっただけに悔しかったと思います。

故人のご冥福をお祈り申し上げます。
posted by 西船橋駅前歯科 at 23:32| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

スタッフがホワイトニングを行うと・・・

今日、当院のスタッフがオフィスホワイトニングの
ビヨンドを患者として試してみましたので簡単な報告です。

彼女は以前にもZOOMやホームホワイトニングを行っています。
そういう意味ではBEYONDとの違いを感想として、
率直に意見してもらおうと思いました。

結果としては術者、患者(スタッフ)とも満足する結果が得られました。
ホワイトニングの成功の要素は第一にどれだけ歯が白くなるかということ、
第二に痛みが出ないように、快適にホワイトニングができるかということであります。

ビヨンドの所要時間は約1時間です。
術中の痛みは全くありませんでした。
ZOOMは最後の方で痛みを感じ出していたそうです。

痛みの原因はホワイトニング材による、
一時的な脱水作用とホワイトニング材の効果を促進させる光の発熱によるものです。

脱水症状は水分が補給されるにしたがって、緩和され、
それにかかる時間としておおよそ24時間と言われています。

ビヨンドはこの痛みのでる閾値とホワイトニング効果のバランスが
絶妙に日本人の歯の質(エナメル質が薄くしみやすい、痛みがでやすい)
にあってると考え、西船橋駅前歯科では導入を行いました。

そういう意味ではZOOMであった痛みがBEYONDではなかったということは、
良い結果だったと思います。(ZOOMはZOOMのよさがあります。)

白くなり具合の満足度はほぼ同じでしょうか。
ホワイトニング効果には有意差はないように感じます。

他の両方を体験している方に聞いても、
ホワイトニング効果には差異はないようです。

彼女はしばらくは豆腐やヨーグルトなど白いものを、
主に食べてもらって、どれだけ白い歯でいられるか、
私達のホワイトニング治療の関心の的になります。

術後数時間後の痛みについては後日報告いたします。


院長の私も患者様の気持ちになるべく
ホワイトニングをしないといけないなとも思うのですが、
コーヒー好きなので二の足なんですよね。

やはり、きれいになるには努力と忍耐も必要のようです。






posted by 西船橋駅前歯科 at 23:22| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

歯のホワイトニングの今後

西船橋駅前歯科のホワイトニングの今後についてお話していきます。

何度かお話しているように、日本のホワイトニング事情は
残念ながらアメリカの追随です。

今、アメリカで行われていることが、
3〜4年後にようやく日本で標準と言われていることでしょう。

私としては常に患者様のニーズに応えていくため、
歯科医師としてのやりがいを求めるため、
常に最新の情報にアンテナをはり、
最新の医療を提供していくつもりです。

ホワイトニングについてもしかりです。
ホワイトニングの最大目的は歯を白くすることです。
歯を白くさせつつ、より痛まないよう、時間が短くなるよう、
技術は進歩していくことと予想されます。

とくに日本人の場合、痛みに関してコントロールが必要なので、
今でもそうですが、アメリカでのマニュアルと違う使い方をしたり、
痛みを抑える薬剤をうまく使っていったりする知識が、
必要になると考えています。

自分が興味を持ち、医院の得意分野の一つですので、
たゆまぬ努力をしていきたいと思っています。





posted by 西船橋駅前歯科 at 23:30| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

西船橋駅前歯科のホームホワイトニング

西船橋駅前歯科ではホームホワイトニングにも力を入れています。
ホームホワイトニングには、
ホームホワイトニングとしての良さがあると考えています。

ホームホワイトニングの良さの第一は、なんといっても、
自宅で気軽にできることです。

時間を気にせず、好きなときに好きなようにできるということは、
忙しい現代人にとっては重要な鍵ではないでしょうか。

もう一つの利点は一気に白くはなりませんが、
時間をかけて歯を白くするために、
ホワイトニング効果の定着性が良いということです。

薬剤の効果が弱いため、知覚過敏や痛みが出にくいというのも、
特長のひとつです。

欠点は、その裏返しで歯のホワイトニング効果の弱さに
尽きるわけですが、患者様個々人のリクエスト、生活スタイルに合わせて、
ホワイトニング方法の選択を変えればよいと思っています。

歯医者さん的にいうと、最高のホワイトニング効果を求められたならば、
アメリカ基準の機器、機材を使うことが前提で、オフィス、ホームの
両方を併用するデュアルホワイトニングが最も良いと考えています。

西船橋駅前歯科ではオフィスホワイトニング同様、
ホームホワイトニングでもアメリカから、
並行輸入をした濃度の強いホワイトニング材を使用しています。

ホームホワイトニングも世界基準のホワイトニング効果を
得られると思います。

また、濃度が強い分、装着時間も短くなることは、それこそ日本人向きではないかと思います。
(ただし、知覚過敏の強い方には段階的な処方をします。)

ホワイトニング後のアフターケアとして、
歯磨き粉も日本では当然認可されていない、
ホワイトニング材の入ったものなんかもあるんですよ。

ご興味があれば、西船橋駅前歯科でお問い合わせくださいね。


posted by 西船橋駅前歯科 at 23:47| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

西船橋駅前歯科のオフィスホワイトニング

急ぎ足でホワイトニングと自分の歴史を語ってきましたが、
ついに現在へと進みます。

西船橋駅前歯科では開業時にオフィスホワイトニングは、
ビヨンドを導入します。

ホワイトニング先進国は何度も話しているように、アメリカです。
欧米人の歯に合わせてホワイトング技術も進歩しています。

アメリカでは今後もいかに強力に白くするかということに、
開発は進んでいくことと予想されます。

アメリカ人のホワイトニング材に対する期待もいかに歯を白くするかにあるのでしょう。

しかし、日本人の歯は欧米人の歯とは構造が違います。
例えば、歯の表面にあるエナメル質の厚みは、
日本人は非常に薄いです。

したがってホワイトニング材の痛みを感じやすくなっています。
残念ながら、現状では歯が白くなる力が強ければ強いほど痛みも感じやすくなります。

日本人的には歯の痛みが出ずに、いかに歯を白くするかというバランスも重要なわけです。

私としては実際にZOOMとBEYONDの両方を比較し、
バランスを重視し、BEYONDの導入を決定しました。

また、ランプの光源が紫外線等を使用していないため、
口の周りの紫外線照射、日焼けの心配がないことも、
ビヨンドを導入した決め手の一つでした。

西船橋駅前歯科は一般歯科であり、ホワイトニングセンターではありません。
治療の一環のひとつとしてのホワイトニングだと考えていますので、
無理のないホワイトニング治療を今後も行っていきます。



posted by 西船橋駅前歯科 at 22:40| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

ホワイトニングここ2,3年のこと

私とホワイトニング治療の関わりの続きの話です。

ホームホワイトニングが登場し、
日本のホワイトニング市場は多少活性化されます。
役所の認可というのは認知にとってもかなり強力な武器になります。

ホワイトニング専門の歯科医院というかサロンのようなものが、
登場したのもこの頃です。

現在、うまくいってるところと、そうでないところとあるようですが、
目的を一つに絞っているため、
オンリー1的なサロンしか生き残れないということではないでしょうか。

ホワイトニングセミナーなども多く開催され、
一般歯科医への周知が図られます。

今でもホワイトニングと言えばホームしか行っていないところが多いのも、
この頃の売り方(歯科医院にとって導入コストが低い)が、
今でも影響しているのではないでしょうか。

ホワイトニングを行う目的はホワイトニングをやっている歯科医院ですという事実ではなくて、
患者様がいかにホワイトニング効果に満足していただくかと私は考えています。

ちなみに私が勤めていた法人では、
2大オフィスホワイトニングのZOOMとBEYONDの両方を導入していました。
他にも光を使わないオフィスホワイトニングなども取り扱っていました。
ホームはホームの良さで使い分けや併用をしていました。

力を入れているところは限りなく力を入れています。

西船橋駅前歯科において、オフィスはBEYONDを導入するわけですが、
(ホームも海外から並行輸入し導入しています)

導入の理由や使用感などについては、明日また、話していきたいと思います。

posted by 西船橋駅前歯科 at 23:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯のホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。